プロフィール

板山美奈子(みなりん)

 

職業:心屋流心理カウンセラー

生年月日: 1967年6月25日
出身地: 愛知県

 

 

私は、何かにとりつかれた鬼のような母親でした。
「息子君の障がいは私のせい。」
自分で自分を責め続けていました。

「私が脳性まひを治してみせる。健常児と同じように

歩けたら息子君は幸せになれる。」
そう思い込んで、訓練訓練の毎日でした。

私が頑張れば頑張る程、家庭はおかしくなり

息子君も主人も私も、どんどん追い込まれていきました。

家庭崩壊寸前でした。

息子君は、一日に何時間も泣き叫び続けるようになりました。
そこまでいって、やっと気が付きました。
息子君の障がいを受け容れられていなかったのは

私だということに。

15年、かかりました。
「ありのままを受け容れよう」と思いました。
頑張ることを、頑張らせることをやめました。

私が穏やかになったら、息子君も主人も穏やかになり

家庭が安らげる場所になりました。

息子君は、今も歩くことは出来ません。
でも、「楽しい。幸せ。」って言っています。
「息子君の幸せ」その願いは叶っていました。

この経験のおかげで、私は心の世界に興味を持ち
今、心理カウンセラーの仕事をしています。
私は、この仕事が大好きです。

「ありのままを受け容れる」って、すごいんですよ。
これも自分。あれも自分。
自慢したくなるいい部分も自分。
隠しておきたいダメな部分も自分。
いろんな部分があって、今の私です。

いろんな経験があって、今の私です。

人は長所で尊敬されて、短所で好かれるらしいです。
自分で欠点だと思っている部分が、魅力になっているの

かもしれません。

 

辛かった経験が、いつのまにか「おかげさま」に

なっていくんですね。